TOPスポンサー広告 ≫ 仁への想い・・・(追記)TOP赤西仁 ≫ 仁への想い・・・(追記)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

仁への想い・・・(追記)

仁の年内活動休止について、
まおりーが今想っていることを書きました。
人それぞれいろんな想いがあると思います。
誰の意見も誰の想いも否定できないもの。
勝手なお願いではありますが
温かい気持ちで読んでいただける方のみお進みくださいませm(__)mペコッ










今朝のWSもスポーツ紙も読みました。

最初は自分の目を疑ったし
動揺もしたし、心臓がとても痛かった・・・。

でも今は不思議と涙は出てないです。
ある意味どこかでこういう日が来るんじゃないかって
覚悟してたようにも思う。
なんていうのか・・・昨年の秋ぐらいからかな・・・
なんとなく、ただ漠然とだけれど
アイドルとして、芸能人としての赤西仁と
本当の赤西仁との狭間で
苦しい思いをしてるんじゃないかなって思っていたんです。
真実はわからないし、今も何もわからない。
私が勝手に思っていただけなんですけれど。

あのときからの仁を取り巻く環境とか
仁の笑顔とか、カメラに向ける視線とか
ファンに向ける視線とか仁の歌う姿とか、
そのすべてからほんの少しずつだけど、なんとなーくそんな風に感じてたんです。

リアルコンの横アリでみた仁。
あのときの仁はみていて本当に痛々しかったんですよね。
何があったのか、何が彼を苦しめてるのか
何が彼を迷わせてるのか・・・みている私も苦しかった。

わからないことで心配するのもいやだったし
仁に対しても失礼だって思ってた。
これは今でもそう思う。
そう思うんだけど・・・
思った以上に人の心って複雑なもので・・・。
やっぱりあれやこれやと心配してしまうんですよね。

頑なに「マイファミリーといる時間が大切」といい続けてた仁。
仁にとって大切な大切なファミリーには劣るかもしれないけれど
仁のことが大好きで、仁を心から応援して
大切に想っているファンはたくさんいるんだよ・・・ってこと伝えたい。
できることなら
仁のことを苦しめる何かから守ってあげたい。守りたい!

今回の活動休止。
こうなってしまった今、
ただただこの活動休止が
仁が自分で考え自分で決断したんだってことを願う。
他の誰が決めたのでもなく
自分で選んだことだと願う。
そしてお願い、誰も仁を責めないで・・・。
亀ちゃん、聖、田口くん、上田くん、中丸くん。
仁のいない間、KAT-TUNをよろしくお願いします。
仁の帰る場所を守ってください。



まだ仁の口から何も発せられていないから
これからの3ヶ月間、
どんなことをしてどんな気持ちで過ごすのかわからないけれど

どうか前を向いて過ごして欲しい。
帰る場所はKAT-TUNだってことを忘れないで過ごして欲しい。
私たちファンが待ってるってことをいつもいつでも忘れないで欲しい。



さっき仕事で外に出たら抜けるような青空だったのね。
ほら、みて!!

aozora


なんかね、この青空をみたら
落ち着いたんですよね。
きっと仁は上を向いている。
出口を見つけようと頑張ってる・・・。

生きてきてまだ22年。
迷ったり転んだりして当然なんだと思う。
だって普通の22歳だったらやっと自分の進むべき道を見つけ出す頃だもの。
中学生からずーっと芸能界というところで、
アイドル赤西仁として生きてきたんだもの。
ちょっとスピードを落として
周りをゆっくりじっくり見渡す時間が必要なのかもしれないよね。
芸能人だから・・・人気絶頂のアイドルだから
迷ったりつまづいたりしちゃいけないなんて思わない。
まだまだ22歳。
いろんな可能性を秘めている仁だもん。
その可能性を自ら見出す時間、進むべき道、
赤西仁が赤西仁でいられる場所を探す時間が必要なのかもしれないね。
そりゃ正直めちゃくちゃ淋しいけれど・・・(笑)

報道されていることが事実なのだとしたら
3ヶ月後には戻ってきてくれるはず。
迷い込んだ迷路の出口をみつけて帰ってきてくれるはず。
今まで以上に強くたくましく、やさしくなって
私たちの前で笑顔を見せてくれるはず。


仁はKAT-TUNの赤西仁として
唯一無二の存在なんだよ。
仁がいないKAT-TUNはKAT-TUNじゃないもん。

自分自身のために
KAT-TUNのために
キラキラの未来を勝ち取るために
(そして私たちファンのためにも)
パワーいっぱいチャージして戻ってきてね!

待ってるよ!
絶対待ってるから!!





仁が好きだよ!大好きだよ!!





迎え撃つ未来 どんな日も
君のこと 守ってみせる
迷ったときも 光放つ Rush of Light・・・

どんな日も 君のそばで 笑ってみせる
二人夜空に 光放つ Rush of Light・・・




仁の心が元気でありますように・・・。


もしも・・・もしも他の道を選んだら
それはそれで仁自身が決めたことなら応援したい。
しなきゃと思う。
仁が穏やかな気持ちで笑顔で過ごせるのなら
それが一番だと思うから。


どの道を選んだとしても

仁に幸あれ!

それだけを祈ってます。

赤西仁 | Comments (2) | Trackbacks (-)

Comment

仁に伝わるなら
編集
まおりーさんと同じ想いです。
コンサートでの視線の先がファンではなく多分家族のいたと思われる席に向いていたあの日、雑誌のコメント…いつかこんな日がくるのではと少し感じてました。
朝は涙したけど、今の仁より少しだけ待って、もっともっと成長してKAT-TUNがそして歌うことが好きだということをまた仁の口から聞けるなら…それなら待とうって思いたい。
だから帰ってきてね。おばちゃんはずっと待ってるよ~うぇ~ん。やっぱ泣けてくる。(┳◇┳)
2006年10月12日(Thu) 15:59
編集
先ほどと重なることもあるかもしれませんが・・・。
実は何度も、こうゆうコトは想像していたことでした。
考えるたびに辛くなってわかっていても認めるのが怖かったんです。。。
でも一番辛く悩んでいたのは仁ですよね。
私は仁が大好きなように、仁を私の大好きな仁にしてくれた仁のMyFAMILYも大好きです!!
仁にとってもKAT-TUNは…KAT-TUNにとっても仁は…どちらにしても絶対欠かすことのできないものですしね。もちろん私にもです。だからこそ仁の歌声なしの新曲なんて聴きたくないしKAT-TUNの曲として紹介してほしくないです。でも仁が違う場所で頑張ろうとしてるように、5人も仁を見守ってくれる上でKAT-TUNのお仕事を頑張ってくれるんだから今まで以上に応援したいという気持ちです。
これから仁からの発表があるでしょうが、しっかり受け止めたいと思います。…正直ものすごく怖かったりしますが。。。
みんなの思いが伝わりますよーに><
やっぱり仁とKAT-TUNが大好きです。


2006年10月12日(Thu) 16:56












非公開コメントにする
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ(タブ)
オススメ*K-POP
INFINITE SHOP
K-POP専用Twitter
日常のつぶやき
まおりーの気になるモノ



iTunesから購入するにはここ!
 iTunes Music Store(Japan)

最近の記事+コメント
♪まおりーの予定♪

MAN IN LOVE 祭りだー!
わっしょーいっ!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。